インターネット通信

ESPACE一乗寺 設備・仕様

エスパス一乗寺の特徴

インターネットが無料だけではありません。

通常マンションでの通信サービスのご提供は、入居者の方々がそれぞれ通信事業者と契約を行っていただき、利用するケースがほとんどです。
その場合、マンションのMDF(主配電盤)からNTTの電話回線を利用して各居住室までの通信をつなぐVDSL方式を利用しますので、理論値50Mbps相当の 通信速度が限界となります。
もっとも、実測が理論値に達することはベストエフォードと呼ばれる通信形式のために、皆無なのが実情です。
エスパス百万遍では、通信回線の契約は直接管理室が行い、各居住室にはイントラネットで構成されており、 通信規格は1000BASE-Tのギガピット通信で結線されており、分岐に必要なHubも準拠した物を利用しています。
これは現在のところ利用可能な最高水準であり、常に最新かつ軽快な環境のご提供を目的としての設置です。
さらに、上位であるインターネット回線の契約には、事業社の契約と一般用の2つの光回線の契約を利用し、これを集約してサービスとして利用していただいております。
             
通信制御にはメガバンクや大手企業、大学の研究機関なども利用する、業務用の新鋭ルーターを利用して通信管理を行っております。

エスパス百万遍では、居住者の方々に最適、かつ最新の通信環境をご提供するために、常に機器の追加更新を行っております。

機器追加と更新

エスパス百万遍では、通信機器のリプレイスや、新たな機器の追加を常に行い、高度な通信環境提供に努めています。

・2回線を1つの回線として増速利用するシステム
  (2008年竣工時から導入済) 

・Wi-Fi (無線LAN)サービス開始 
  (2011.4導入・2015.12機器更新)

・光回線200Mbps ×2(ダブル) 2011.10.19 導入済

     
    

エスパスは大学や大企業と同じ構成の高速インターネット環境です。